コミュ障は結婚できない?コミュ障はどう婚活したら良いか

「自分はコミュ障だから、結婚なんてできないんじゃないか」

人知れずそんな悩みを抱えている人は、決してあなた1人ではありません。もし、その悩みが世界中であなたにしかない悩みだとしたら、「コミュ障」などという言葉が存在しているはずがないですよね。

このページでは、コミュ障を自覚する人がどのように婚活したら良いか、一緒に考えてみましょう。

自分がコミュ障なら、コミュ障の異性を探せばいい

結婚相手は1人見つかればいい

  • 相手の目を見て話せない
  • 会話がとぎれる
  • 異性と話すときに緊張する
  • 人見知りする

このようなコミュ障の特徴が婚活において支障をもたらす可能性があることは、あなた自身が一番よくわかっているはずではありませんか?

でも、あきらめるのはもったいないです。なぜなら、婚活は最終的に「1人とだけうまくいけばいい」からです。

1,000人に交際を申し込んで999人にフラレたとしても、1人とだけうまくいけば結婚できます。そう考えると、あとはどれだけ打席に立ってバットを振ったかが勝負だということがわかるはずです。

あなたはコミュ障であるというコンプレックスばかりが気になっているので、客観的に自分自身が見えていません。

もし仮に、たまたま知り合った異性が「私はコミュ障で、話をするのが苦手なんです」と言ってきたらどうしますか?むしろ親近感がわきませんか?

婚活でも、相手も同じような悩みを抱えている人ならうまくいくかもしれません。自信満々の人が苦手という人も案外、いるものですよ。

人間的に問題ないならチャンスはあるはず

ところで、コミュ障ってそんなに人としてダメなのでしょうか。

たとえばこんな人がいたらどうですか?

  • 働いておらず、親のスネをかじって生活している
  • 近所の保育園から聞こえる子どもの声がうるさいとしか感じない
  • 野良猫を見るとムカつくので石を投げつける
  • 自分は疲れているから電車では座るのが当然と思っている

世間の人からすれば、こういう人のほうがよっぽど人間的にダメですよね。

あなたがこういう人間でなければ、きっと認めてくれる人はいるはずです。

悩んでいると、まわりの人はみな何の悩みもなく平穏に暮らしているように見えてしまうものですが、決してそんなことはありません。そのように見えるだけで、人はそれぞれ悩み事を抱えているのが普通です。

あなたの場合、悩みがコミュ障というだけです。

コミュ障の婚活はどのような手段で始めるのが良いか

コミュ障だと恋愛結婚をするのは難しいので、自ずと婚活をするしかないでしょう。

婚活をする手段としては結婚相談所に入会する、婚活パーティーに参加する、婚活アプリを利用するなどの方法がありますが、コミュ障なら婚活アプリが向いているでしょう。

結婚相談所の良いところは親身に相談に乗ってくれる担当者がいるところです。ただ、入会するのにまとまったお金が必要ですし、入会してみないとどんな異性がいるのかわからないのが弱点です。

婚活パーティーは難しいですよね。おそらくコミュ障の人が一番、向いていない婚活の手段です。だから候補としては除外しておきましょう。

婚活アプリで婚活するメリットは、お金もかからずスマホ1つで始められる点です。

異性と出会うのも基本的にネット上です。だからどうしてもイヤになったらアカウントを消してしまうという方法もあります。

会って話すのは苦手でも、文字でやりとりをするのなら何とかなるのではないでしょうか。

もちろん最終的には本人に会うことが必要ですが、いきなり会うのと比べたら難易度は低いはずです。

婚活アプリで婚活するなら

婚活アプリは無料で登録でき、すぐにどんな異性がいるのかがわかります。これは結婚相談所にはない最大のメリットです。

登録を終えて興味のもてる異性がいるとわかれば、プロフィールを充実させて活動開始となるわけですが、思い切ってプロフィールにコミュ障であることを書いてしまうのが良いです。

「私はコミュ障です」とはっきり書くのはおすすめしませんが、異性と話すのは得意ではないということを書いておくのです。

たとえばこんな感じです。これは実際に登録している男性のプロフィールです。

このように自分の弱点をオブラートに包むような感じで書いておき、フィルタリングするのです。

そうすると、コミュ障の人はイヤという人からはアプローチされません。そのため、アプローチしてくる人はあなたにコミュ障の傾向があっても構わない(他の部分に興味をもった)と考えている人だと推定できます。

完璧な人間なんていませんので、むしろ弱点をさらけだしていることに好感をもたれる可能性があります。

ゼクシィ縁結びのデート調整代行サービスが使える

「ゼクシィ縁結び」という婚活アプリには「デート調整代行」というサービスがあります。

これは、マッチングした異性と最初のデートの日程や場所の調整を、運営スタッフが間に入って代わりに行ってくれるサービスです。

初めてのデートはコミュ障でない人にとってもややハードルが高く、それでこのようなサービスができたようです。興味のもてる異性とマッチングしたら、ぜひ使ってみてください。

ゼクシィ縁結びをおすすめするもう1つの理由は、平均年齢がやや他の婚活アプリよりも高いということです。

離婚経験者も多く、他人の弱点に寛容な人が多くいます。コミュ障なんて、あなたが気にするほど相手は気にしない可能性も高いですよ。

登録するだけなら誰ともかかわる必要はありませんので、自身の目で確かめてみてください。ゼクシィ縁結びについては以下の記事で解説しています。
参考:ゼクシィ縁結びの使い方と特徴|ゼクシィ縁結びが他のアプリと違うのは何?

立派な人ばかりが求められているわけではない

婚活に尻込みしている人は、自分に自信がないのかもしれません。

しかし、相手に対して求めるものは人それぞれです。経済力を求める人もいれば安らぎを求める人もいるわけで、千差万別です。固定観念にとらわれて何もしないでいるのはもったいないです。

清潔感や気遣いがないなど、誰でも意識1つで直せることを放置しているようではダメですが、最低限のことをクリアしている限りは可能性があります。ぜひ、できることから始めてみてください。