婚活で相手の男性に求める年収は、どのくらいが妥当なのか【データから考察】

相手の男性を選ぶ条件で重視するポイントとして「年収」を挙げる婚活女性は3人に2人、というデータがあります。

ただ、仮に600万円という希望が何となくあったとしても、その希望が果たして妥当なのか、それとも高望みなのか気になりますよね。

そこでこの記事では、婚活をする女性はどのくらいの年収の男性を狙うべきなのか、データを元にして解説します。

一般男性の年収について

国税庁の調査に信頼性の高いデータがある

国税庁の長官官房企画課が公開している「民間給与実態統計調査」という資料を見ると、一般の男性がどのくらい稼いでいるのかがわかります。
参考:平成28年分 民間給与実態統計調査|国税庁

これは、民間企業ではたらく約2,800万人の男性のデータなので情報量としても申し分ないですし、国税庁のデータですから信頼性も高いですよね。ただし「給与」のデータなので、フリーランスや自営業の人は含まれない点に注意してください。

細かいところは自身で読んでいただくとして、ここでは婚活において狙うべき男性を定めるうえで参考になるポイントだけまとめてみます。

データから見えてくる傾向

同調査の22ページには「年齢階層別の平均給与」というデータがあります。わかりやすい画像があったので以下に引用しておきます。

年齢別年収データ

これを見ると、30代なら400~500万円、40代なら500~600万円がおよその平均値であることがわかります。

21ページには業種別のデータが掲載されています。これをみると平均給与がもっとも高いのが「電気・ガス・熱供給・水道業」で、次いで「金融業・保険業」、「情報通信業」の順となっています。平均が低いのは「宿泊業・飲食サービス業」や「農林水産・鉱業」です。

また、20ページに掲載されている企業規模別のデータを見ると、明らかに企業の規模と平均給与には相関があることがわかります。資本金が5,000万円未満の企業に勤める男性と10億円以上の企業に勤める男性とでは100万円以上の差があります。

もちろん個人差は大きいでしょうが、こうしたデータは1つの参考にはなりそうですね。

結婚相談所に登録している男性の年収の実態は?

結婚相談所IBJが運営する「ブライダルネット」のホームページに掲載されているデータによると、会員の年収構成は次のとおりです。
参考:会員データ|ブライダルネット

年収 構成割合
300万円以下 3.7%
300万円超 400万円以下 14.0%
400万円超 500万円以下 21.9%
500万円超 600万円以下 22.6%
600万円超 700万円以下 14.2%
700万円超 800万円以下 8.8%
800万円超 900万円以下 5.0%
900万円超 1,000万円以下 2.8%
1,000万円超 7.0%

ブライダルネットに登録している男性会員は年収が高そうですが、同時に平均年齢も高めです。以下に掲載しておきますが、この年齢構成をみると、国税庁のデータとそう変わらないことがわかります。

そのため、ブライダルネットだと年収の高い男性と出会えるというわけではなく、年齢の高い会員が多い結婚相談所や婚活アプリであれば良いということになります。

年齢 構成割合
20代 15.8%
30代前半 25.3%
30代後半 24.1%
40代以上 34.8%

以上のデータから、今すぐ高い年収を求めるなら少なくとも30代後半以降の男性を狙うのがベスト、ということになるでしょう。

なお、あなたが20代~30代前半の若い女性なら婚活で優位に立てますので、早めに行動しましょう。男性は自身の年齢より5歳~10歳くらい若い女性を狙う傾向にあるからです。詳しくは以下の記事に書いています。
関連記事:婚活を始めるべき年齢は何歳がベスト?婚活は何歳までできる?

婚活アプリならYahoo!パートナーやyoubrideを利用している人の年齢層が高めなので、これらのアプリを利用してみてください。登録は無料ですし、すぐに男性のプロフィールが見られるので、ちょっとのぞいてみるだけということも可能です。
関連記事:婚活パーティーと併用して効率的に婚活!youbride(ユーブライド)の特徴と使い方

プロフィールに掲載されている年収は嘘が多い?

アプリで婚活する場合、どのアプリでもプロフィールに収入を記載する欄があるのですが、この収入が本当かどうかがわからないケースが多いです。

まあ、悪気がなくても多少盛ってしまうことはあるでしょうし、人によっては過去に一番、良かった数値を記入する人もいるかもしれません。

そのため、婚活アプリの中には納税証明書などを利用して、年収の証明を取るアプリもあります。

年収の証明を求めるアプリは以下の記事にまとめていますが、中でもおすすめなのがyoubrideです。
関連記事:年収が高い男性を、公的証明書で確認してくれる婚活アプリ3選

youbrideでは公的証明書の提出があると、以下のように「○」と表示されます。

なお、youbrideでは年収を700万円以上と記載するためには公的証明書の提出が「必須」です。年収で検索ができるので、年収700万円以上という条件で検索すれば700万円以上の人だけが表示されます。試しに居住地が東京という条件で検索したところ、338人という結果になりました。

やはり、高年収の男性は数がそれほど多くないですね。でも、ここまできちんとわかるアプリはyoubrideだけなので、年収にこだわるならyoubrideを利用してみてください。

年収の高い男性を狙うなら、戦略的に婚活を

冒頭でも書いたとおり、相手の男性に対する希望条件として年収を挙げる人は多いです。

言うまでもありませんが、年収が高い男性は競争率も高いので、何も考えずに婚活をしているとなかなか希望の条件を満たす相手と結婚することは難しいです。頭を使って戦略的に婚活しましょう。

当サイトで婚活の戦略についていろいろと取り上げていますので、ぜひ他の記事も参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました