婚活がうまくいかない原因は「手段を間違えている」が9割

婚活がうまくいかないと悩んでいる人は多くいます。その原因として一番、大きいのが「手段を間違えている」ということです。

結婚相談所が向いているのに婚活パーティーにばかり参加していたり、婚活アプリが向いているのに結婚相談所で出会いを求めていたりしたら、うまくいかない可能性が高いです。

このページでは、婚活がうまくいかないと悩む人に向けて手段を見直すことを提案します。解決のヒントをつかんでもらえれば幸いです。

婚活の手段を見直してみよう

婚活の手段は主に結婚相談所、婚活パーティー、婚活アプリの3つです。これらのすべてを併用している人は少なく、何となく決めてそのまま継続してはいないでしょうか。

しかし、それぞれには特徴があるため向き不向きというものがあります。そのため、どれが自分に合っているかということを考えてみてください。

結婚相談所のメリット・デメリット

結婚相談所は、結婚に真剣な人だけが集まる婚活パーソンの主戦場です。そのため、早く結婚したいと考えている人が多くなります。

株式会社デンファレが運営する結婚相談所・良縁会によりますと、結婚相談所では一般的にお見合いから交際期間が3ヶ月続いたら、相手の人と結婚を前提に付き合うかどうか決めるというルールがあるということです。
参考:結婚までの期間は?結婚相談所の結婚までの流れと期間|良縁会

しかし、婚活でもしっかりと相手を見極めたい、じっくりお付き合いしたいという人もたくさんいます。そのため、婚活=結婚相談所という意識で何となく入会してしまったのであれば、意識の違いが原因で自分に合った相手と出会えないという可能性があります。

結婚相談所の最大の弱点は登録している人数が少ないということです。結婚相談所は入会するときに10万円前後のお金がかかることがほとんどで、このお金を支払うことを躊躇して入会していない人が多くいるはずです。

こうしたことを考えると、結婚は必ずしたいと考えているものの、堅苦しいことを求められるのが性に合わないという人には結婚相談所は向いていないと言えます。

婚活パーティーのメリット・デメリット

婚活パーティーはリーズナブルな費用で参加でき、多くの人と話してみることができるのがメリットです。

しかし、参加した人全員と話すことを求められることが多く、それがストレスにもなりかねません。そのため、社交的なタイプでないと婚活パーティーを利用した婚活は向いていません。

外見にあまり自信がなくて、できれば内面から知ってほしいと考えている人がこの方法をメインにして活動しているとうまくいかない原因になりやすいです。

内面から自分を知ってもらいたいなら、高い料金を払ってでも結婚相談所を利用するか、婚活アプリを活用するのが良いでしょう。

結婚相談所はカウンセラーを介して自分を紹介してもらえるので、いきなり相手と対面する婚活パーティーが苦手でも何とかなるかもしれません。

また、婚活アプリならアプリを通じてやりとりをしてから会うかどうか決められるので、婚活パーティーと比べれば心の準備をしてから会うことができます。個人情報(LINEのIDや電話番号など)を教えていなければ、相手をブロックすることで連絡できなくすることもできます。

婚活アプリのメリット・デメリット

婚活アプリで婚活がうまくいかない場合は、婚活アプリの選び方を間違えている可能性があります。

たとえば婚活アプリだと思って利用しているアプリが、実は恋活向けのアプリだったりするようなケースです。たとえばpancy、cross me、tinderなどは恋活向けのアプリなので、真剣な相手を見つけるのは難しいでしょう。

また、もしあなたが婚活アプリを1つしか利用していなければ、他のアプリに変えてみるのも1つの方法です。

当サイトではOmiaiYahoo!パートナーyoubrideゼクシィ縁結び、 Match、 Pairs(ペアーズ)の6つを紹介しています。ペアーズやMatchはやや恋活寄りなので、これら以外で利用したことがないものがあれば、登録だけならいずれも無料なので試しに利用してみましょう。

アプリのデメリットは、相手の素性が確かめられないことが多いという点です。この点が心配なら、本人確認や年収確認をしっかり運営者が行うものを選べばある程度は解決します。

特に年収まで公的証明書で確認を取るアプリは限られます。年収を一番しっかり確認するアプリはyoubrideです。youbrideでも年収の証明は必須ではありませんが、700万円以上の人は必須なので、高収入な男性を希望する女性はyoubrideが向いているかもしれません。

婚活アプリは幅広い価値観の人が集まっているので、結婚相談所を窮屈に感じる人には向いていると言えるでしょう。

スペックで決めつけていませんか?

婚活がうまくいかないことのもう1つの理由に「相手に求める条件が厳しい」ということがあります。

これを解決するためにはなるべく多くの人と会ってみるしかありません。会ってその人を気に入ってしまうと、高収入を求めていた女性も収入が条件でなくなることはよくあるようです。

初対面の人と話すのが苦でなければ婚活パーティーに行けば良いですし、ある程度のやりとりをしてから会いたいなら婚活アプリが向いています。いずれにしても多くの人と会って、自分が相手に対して本当に求めるものは何なのか見極めることが大事です。

この点については以下の記事にまとめましたので、興味があればご覧ください。女性向けの記事ですが、男性でも参考になると思います。
婚活女性で、男性の条件を下げたくない人にやってみてほしいこと

婚活アプリは気軽に利用しよう

婚活アプリは怪しいというイメージをもっている人がいるかもしれませんが、今や従来の結婚相談所もアプリを作って会員を集めているところがあるくらい普及しています。おそらく、後発のアプリにお客さんを奪われているのでしょう。

もし婚活アプリを使ったことがなかったら気分転換のつもりで登録して、どんな会員がいるのか眺めてみるのもいいかもしれませんよ。