男性が教える「売れ残り女」の特徴11個。結婚したい女性に気付いてほしいこと

30歳を過ぎて結婚していない女性は「売れ残り」と言われることがあります。

中には仕事が楽しくて結婚したいとまったく思っていない女性もいますが、どちらかといえば結婚願望があるものの、何らかの理由で結婚に至っていないという人のほうが多いのではないでしょうか。

男性からすると、売れ残りと言われる女性には一定の傾向があると感じます。その傾向について、あなたが傷つかないように言葉を選んで解説しますので、自身の現状についてゆっくり検討してみてください。

「売れ残り女」の特徴と対処法

自分自身のことは、自分では気付くことができない場合も多いです。しかし、他人に面と向かって指摘してもらうのも怖くてためらいますよね。そのため不特定多数の第三者に向けて書かれたものが一番、役に立つのではないかと考えてチェックリストを作りました。

意図せず「売れ残り」となってしまっている女性の多くに共通していると思われるものを順に解説しますので、参考にしてください。

相手に希望する条件が多い(理想が高い)ことを自覚できていない

これは当たり前と思うでしょうが、データできちんと確認したことはありますか?

たとえば婚活では年収が600万円以上、親と同居はしない、子どもは2人ほしいなど、相手の男性に対してさまざまな条件をもっていることが普通です。しかし、条件が多ければ多いほどピッタリと合う人を見つけることは難しくなります。

婚活アプリを使うと年齢、身長、年収などの条件で検索することができますが、条件を1つ加えただけでも大きく該当する人が減ることが数値ではっきりとわかります。減少率が高いのは年収、お酒を飲まない人、結婚を急ぐ人などです。この点については以下の記事で書きました。
参考:婚活女性で、男性の条件を下げたくない人にやってみてほしいこと

「好きになった人が理想」で、そこからどうしても譲れない条件のある人を除外するという方向で探さないと結婚するのは苦労するかもしれません。そのためには大変ですが、多くの人と実際に会ってみるということが必要です。

スペックが高い、意識が高い

キャリアアップを目指して一生懸命、働いている女性も今は珍しくありませんが、男性からそれが好まれるとは限りません。これはその人次第ですが、女性に合理的な思考や高い仕事力を求める人はそれほど多くないのではないかという印象があります。

また、意識の高い女性でヨガをしている率は高くないでしょうか。ヨガが悪いわけではないのですが、のめり込んでいる人は雰囲気に出ているので少し気をつけたほうがいいかもしれません。

ルックスへのこだわりが強い

未婚の女性は男性のルックスにこだわる傾向が強いです。しかし、以下のアンケート調査で既婚者に対してルックスが重要かどうかを尋ねた結果、重要と答えたのは約4人に1人というデータもあります。
参考: 35~54 歳の結婚意識に関する調査(図表23)|明示安田生活福祉研究所

写真と動画で印象が違う人もいますよね。通常、婚活で異性のプロフィールを見るときは写真なので、相手の印象を正しくとらえられていないことがあるでしょう。

これも実際に会ってみる人を増やすのが一番の解消法です。

専業主婦を希望している

株式会社三菱総合研究所が15歳~39歳の男女を対象に実施した調査(平成25年3月)によりますと、結婚相手の女性に専業主婦になってほしいと考えている人の割合は5人に1人程度しかいません。この点については以下の記事で解説しています。
参考:今から動けば間に合う! 専業主婦になりたい女性が取るべき婚活戦略

そのため、あなたが専業主婦希望であることをはっきりと普段から言っている場合、それを理由として身近な男性から敬遠されている可能性もあります。

また、男性からすると専業主婦を希望する女性は何かあったときの対応力に疑問を感じるものです。人生は何があるかわかりませんので、いざというときは女性にもそれなりの働きを期待している男性が多いのでしょう。

親のすねをかじって生活している

両親と暮らしていることが一概に「売れ残り」の原因になるわけではありません。社会人としてきちんと働いており、結婚するときに備えて貯蓄をしているような人なら問題は何もないでしょう。

親のすねをかじって生活している人は、働いている男性からすればどこかズレて見えるものです。結婚した後が心配になるので、それが売れ残りの原因となっていてもおかしくはありません。

やせすぎている

女性の間では「やせている女性はキレイ」というイメージがあるのでしょうが、男性はそのようには見ません。やせすぎはかえって不健康そうで印象が悪いです。女優やモデルを基準に考えていると、世間一般の男性とはズレが起きやすいです。

男性におごってもらうのが当たり前と思っている

初めてのデートでは女性におごるのが当たり前と考えている男性が多いでしょうが、そうした人でも女性に「当たり前」と思われるのはイヤなものです。男性はそれが単なる「フリ」であるとわかっていても、女性には払おうとしてほしいものです。

関係が深まって、相手の男性がいつも払うのが当たり前とわかっているのでもない限りは、自身も払うのが当たり前と思っていたほうがいいです。態度に出ますからね。

会話が世間とズレている

働いていない女性にありがちですが、話していて世間一般の感覚とズレていると感じる人がいます。スター級の有名人でズレた感覚の人がいますが、スターならズレるのも無理はありませんから問題ありません。

しかし、一般人ならそうはいきません。世間の動向に関心を持っていないとこうしたすれ違いが起きる可能性があります。話が合わない女性と付き合う男性はいませんよね。

家事ができない

「家事は女性がするもの」という価値観はもはや過去のものですが、家事がまったくできない女性は何となく敬遠したくなるものです。

たとえば外資系の金融機関で働いていて年収1,000万円くらいの女性が「私は仕事に時間を使いたいから家事は代行さんにすべて任せます」と言うのなら納得するでしょうが、普通の女性は家事ができたほうが男性から好まれる確率が高いでしょう。家事を分担するかどうかは別問題です。

話しだしたら止まらない、自分の話ばかりする

女性は話好きの人が多いので注意したほうが良いです。男性も女性に合わせようとして話は聞くでしょうが、自身が話す一方だとだんだん内容が独りよがりになります。男性は長電話も苦手な人が多いので、話好きの人は注意したほうがいいでしょう。

化粧が下手、ファッションセンスがない

女性では少ないですが、化粧が極端に下手だったりファッションセンスがなかったりする人がいます。オシャレに凝る女性もまた敬遠される可能性がありますが、少なくとも地味でも派手でもない化粧やファッションセンスを身につけるのは最低限のスキルだと思ったほうが良いです。

婚活がうまくいかないなら

結婚相談所や婚活アプリを使うときは、相手を条件で検索することができます。このシステムは合理的に見えますが、実はそうでもないのかもしれません。

恋愛結婚の場合は相手の人柄を気に入って、その後、付き合っていくうちに相手と自分の希望のすり合わせが自然に行われて結婚に至ります。しかし、検索で異性を探すとプロセスがこの逆になるからです。

恋愛結婚をした人は相手の人柄を最優先させ、その他の条件はどこかで妥協しているはずです。検索して条件ばかりチェックしている人は、それを少しだけゆるめてもっと多くの人と会ってみましょう。