ゼクシィ縁結びは課金すべき? 既婚者はいる?など質問全般に回答

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結びに関する疑問も生じてきているのではないでしょうか。

ここではゼクシィ縁結びに関する簡単な質問と回答を書いていきますね。

>>ゼクシィ縁結びでさっそく理想の相手を見つける

ゼクシィ縁結びは会えない?

「会えない」ということはありません。

会員数が40万人程度いますし、大手のPairsなどに比べて会員の数は少ないですが質はいいです。

質がいいというのは結婚に対して前向きなユーザーが多く、女性もお金がかかるため真剣に婚活しているから結婚しやすいんですよね。

ですのでゼクシィ縁結びで会えないと感じるなら、真剣に婚活に取り組む層にウケるようなプロフィール、写真の設定を考えてみてください。

ゼクシィ縁結びで会うためのメッセージは?

「誠実性」「熱量」がカギとなります。

なにしろゼクシィ縁結びに登録している女性は

  • 本気で結婚したい!
  • 生涯のパートナーを見つけたい!

と奮起していますので、片手間に利用している状態ではなかなか出会いにつなげることができません。

そこでメッセージにしても、1行や2行ではなくしっかり長文を書くこと。

Pairsやタップルなどのカジュアルなマッチングアプリの場合には1行や2行の短い短文が好まれますが、真剣に恋活している人に対して短文だと「この人やる気が無いのかな?」と思われてしまうことにもなりますよね。

そうではなく、しっかりファーストメッセージで挨拶+簡単な自己紹介+相手との共通点に関する質問をすることで、返信率を上げることができますよ。

また女性はいきなりLINE交換に誘われるのを嫌います。

「余裕がない男性なのかな?」と思われ敬遠されてしまうんですよね。

まずは1週間~2週間アプリ内でのメッセージを続けて、お互いの趣味や興味から出かけたいスポットが見つかった段階でコンシェルジュに日程調整を依頼してみましょう。

ゼクシィ縁結びで男性の平均いいね数は?

8~20いいね程度が男性いいねの平均となります。

無料会員と有料会員ではいいね数が異なってくるため、いいねが貰えないと思ったらまず有料課金することを考えてみてください。

ゼクシィ縁結びでいいねが来ないのはなぜ?

基本的に、女性からいいねをすることは稀です。

Pairsの調査ですが、男性からするいいねに対して、女性からのいいねは10分の1程度しかなかったというデータもあります。

なので、男性から積極的にいいねをするようにしてみてください。

また年収や、プロフィール写真に問題がある、プロフィール本文が短すぎるといった場合にもマッチング率が悪化する要因となりますよ。

>>ゼクシィ縁結びでさっそく理想の相手を見つける

ゼクシィ縁結びで女性からいいねをしてもいい?

女性からのいいねに対しては、男性は素直に「嬉しい」と感じるようです。

なぜなら女性はいいねを渋る傾向がありますので、男性は女性からいいねを貰い慣れていない。そこで女性からいいねを貰えるだけで男性は嬉しくなってしまうんですね。

女性としては「気恥ずかしい」「マッチングするか心配」といった気苦労があるかと思いますが、一歩抜け出すためには勇気を出して自分からのいいねを心がけてみましょう。

ゼクシィ縁結びとエン婚活はどちらがいい?

エン婚活はオンライン講座を用意しており、婚活したい男女のレベルアップがはかれます。

自分に自信がない、恋愛に対して奥手ならエン婚活がおすすめ。

逆にコンシェルジュに日程調整は依頼したいけど、ある程度は自分ペースで進めたいならゼクシィ縁結びを選ぶといいですね。

またエン婚活は本格的な結婚相談所サービスとなりますので、入会金が9,800円かかります。これはゼクシィ縁結びにはないので、エン婚活は入会のハードルが高いと言えます。

さらに月額料も12,000円かかりますので、ゼクシィ縁結びと比較して3倍程度の料金がかかってしまうのがデメリットです。

ゼクシィ縁結びとOmiaiはどちらがいい?

月額料金としては、Omiaiに軍配が上がります。

Omiaiは1ヶ月プランで3,980円ですから、ゼクシィ縁結びより300円程度安いと言えるでしょう。しかしそれほど差はないため、料金でどちらを選ぶかを決めるのは難しそうです。

具体的に異なる要素としては、コンシェルジュ要素と、価値観マッチング機能、収入証明書の提出ありといったところ。

会員数としてはOmiaiのほうが361万人とゼクシィ縁結びの40万人と比較して約9倍の差がありますから、上記の機能が不要というのであれば出会える数が多いOmiaiがおすすめできます。

ゼクシィ縁結びのオンライン表示とは?

ゼクシィ縁結びにはログイン中の人が分かるオンライン表示機能があります。

オンライン中のユーザーのほうがマッチング率が高くなりますから、積極的にいいねをすることをおすすめします。

またオンライン中でなくても、24時間以内ならアクティブユーザーである可能性が高いためいいねが無駄になりません。

逆に言えば、2週間以内や1ヶ月以内だとアクティブユーザーである可能性が低くなるため、いいねを無駄に消費してしまう可能性も出てきます。

いいねはアクティブユーザーに向けて、効率的に使いたいですね。

ゼクシィ縁結びでオタクと出会うには?

ゼクシィ縁結びには価値観マッチング機能がありますから、比較的同じ趣味を持ったオタクと出会いやすい要素を持った婚活アプリであると言えるでしょう。

またゼクシィ縁結びイベントでは趣味コンが定期的に開催されており、「動物園コン」「謎解きゲームコン」「プラネタリウムコン」など魅力的なリアルでの出会い要素も揃っています。

こうしたイベントには婚活に意欲的な人が参加しますから、迷っているなら直接参加して温度感を確かめてみてはどうでしょうか。

ゼクシィ縁結びは課金すべき?

無料会員でも一応使えますが、メッセージを送信したり実際に出会うためにはやはり課金は必須となります。

またゼクシィ縁結びの課金特徴として、6ヶ月プラン以上(6ヶ月プラン、12ヶ月プラン)で課金すると「結婚成功保証制度」が利用できる点。

これはこの期間中に条件を満たしていれば、追加で6ヶ月プランの人なら次の6ヶ月、12ヶ月プランなら次の12ヶ月の利用料金が無料で延長できるというもの。

もちろん厳しい条件はありますが、きちんと婚活している人であればありがたい機能であると言えますね。

このように手厚いサポートを受けたいなら、ゼクシィ縁結びには課金すべきだと言えるでしょう。

ゼクシィ縁結びの退会方法は?

退会はアプリ内から「三(ハンバーガーメニュー)」>「設定」>「お問い合わせ」>退会するから簡単にできます。

しかし注意点としては、一度退会してしまうと3ヶ月間は再登録ができないという点。支障がないようでしたら、退会することができるでしょう。

またクレジットカードの決済設定は自動で停止するようになっているため、安心して退会することができますよ。

ゼクシィ縁結びに既婚者はいる?

残念ながらゼクシィ縁結びには既婚者を弾く機能がないため、既婚者が紛れ込んでしまうことがあります。

しかし遊び相手が欲しい既婚者は恋活系のカジュアルなマッチングアプリを利用する傾向がありますから、ゼクシィ縁結びで既婚者を警戒しすぎなくてもいいでしょう。

ただし、結婚したい女性につけ込んでくる既婚者男性の存在には注意が必要ですね。

既婚者男性の特徴としては土日デートができない、急な電話に出ない、自宅や勤め先の情報を教えてくれないなどといった要素があるので、既婚者かどうか迷った場合には既婚者を見分ける方法を試してみましょう。

ゼクシィ縁結びはアラフォーにおすすめ?

ゼクシィ縁結びは年齢層が比較的高く、40代も1割程度存在していますよ。

安定した収入が期待できる40代男性は、引っ張りだこ間違いなしです。女性会員も美人揃いと評判のゼクシィ縁結びなので、美人の奥さんがほしいアラフォー男性はぜひ試してみましょう。

ボリュームゾーンとしては30代が約半数ですが、年下と出会いたい、若い女の子と結ばれたいと考えるならゼクシィ縁結びは40代でもおすすめできるでしょう。

逆に大勢と出会いたいなら、ペアーズが鉄板です。

>>ペアーズでたくさんの女の子に出会う

タイトルとURLをコピーしました